「facebook」と「Twitter」の両方を使っている人がいると思います。

この場合どうやってこの2つのツールを使い分けたら良いのでしょう?その辺が分からないと言う人も多いのではないでしょうかね。

SNSはソーシャル・ネットワークです。

新しい形のアドレス帳と言う意味があります。

ですから今後はそのような意味合いが出てくると予想されています。

アドレス帳と言う概念で使っていく場合「mixi」のように匿名で使うのは不自然になりますよね。

そう言う点においてはfacebookは実名で登録されていることが多いのでアドレス帳代わりにも使えるようになります。

そう言う事になりますよね。

一番分かりやすく言うと自分のフォロワーとか友達との繋がりを見ていくことになります。

それが良いでしょうね。

ですからそれだけに個々の繋がりと言うのはとても緩やかなものであると思います。

だからこそ芸能人など有名人のTwitterで何万人と言う人がフォローしているのでしょうね。

しかしその一方facebookでは個々の繋がりが直接に間接的にでも個々に行われています。

ですから人間同士のネットワークが築かれていると言えますよね。

そして友達になるにも申請承認が必要だと言うこともTwitterとは違います。

既に「mixi」や「Twitter」をやっている人がいるとします。

そして、facebookと言う新たなSNSに登録しても「どうせfacebookやmixi、Twitterも同じだよ!」と思ってしまうかもしれませんよね。

これは確かにパッとみただけでは全て同じに見えるかもしれませんが、実は全然違うサービスを提供しています。

では何が違うかと言いますと、日本で主流となって行われているSNSには、mixi、Twitter、モバゲー、GREEなどがあります。

ですから、本人同士の交流と言うよっては、ゲームのプレイヤー同士の交流を主としている感がありますよね。

言い換えるとブログと言った通常のSNSでありそうな機能に関してはあまり考えられていないのが特徴でもあります。

次にTwitterについてですが、お互いに承認し合わなくてもフォローする点がmixiやfacebookとは違います。

簡単に言うと一方通行に繋がることが可能なのです。

好きな芸能人のTwitterでフォローしても相手はあなたのことを知らないのと言った感じですね。

言い換えると、つまり増えてされる側がどう思おうと、相手の発信に興味があるからそれで良いと言う感じになります。

「mixi」と「facebook」が一番この中では似ている感じですね。

そんな機能を持っていますが、大きく違うところがあります。

それは「mixi」は、主流が匿名登録になります。

その違いですね。

これは大きな違いと言えます。

人数が多いほど楽しく利用できるのがfacebookになります。

これは「mixi」でも「twitter」でも同様のことが言えます。

人数が多くて盛り上がるのがSNSの最大の性質になります。

「twitter」は、全然知らない人がフォローしてくれたりしますよね。

しかし、「mixi」とか「facebook」に関しては、マイミク、友達が実際の友達や知り合いであることが多いと思います。

ですから、自分が投稿した記事に対しての反応が良かったりしますよね。

「twitter」である程度必要とされる能動性がfacebookになると必要ないと言います。

そんなメリットが出てきます。

ですから、そのメリットを活かして、facebookを楽しくするためのポイントとして友達を100人作ってみましょう。

これについてどうかと思うのですが!?<「facebook」の友達の探し方について>自分のメールアカウントを利用して友達を探す方法があります。

友達の友達を辿って探して行く方法があります。

仕事、学校、出身地、居住地を基に絞り込んで探して行く方法などがあります。

もし友達を探して友達申請する時、あなただと言うことが分かるようにプロフィールなどの情報はしっかりしておく必要があります。

また自分の友達が誰かと友達になった場合では、ニュースフィードで分かるようになっています。

友達の友達は知人であることもあります。

日本でSNSを利用する場合、ニックネームで登録している人が多いようですね。

実名を出すと個人情報の流出に繋がることもあるからでしょう。

また犯罪防止のためとか理由はそうしたことが多いと思います。

しかし、海外でのfacebookの使い方としては実名で登録することが多いと思います。

更には実物の顔写真で登録する人が多いようですね。

そしたら判断材料に困らないように判断してもらう為にも顔写真を載せているようですね。

また交流するなら顔が分かった方が安心感があるからでしょうね。

実際に、そんな使い方をしている人が多いみたいです。

もちろんニックネームを使っている人は、海外にもいるみたいですが、少数派と言ったところですね。

日本とは意識が逆転しているような感じですね。

またリアルな友達より一度も会ったことがないfacebook上だけの友達の方が多いと言う人も結構いるようですね。

このよな現象が起きているようですね。

日本では「mixi」から「Twitter」、「facebook」と渡り歩く人が多いようですね。

そこからの名残を残した使い方をしている人が多いようですね。

こうしたコミュニケーションの取り方が日本と海外では違いがあると言えます。

またその能力は必要だと思います。

それはfacebook、mixi、Twitterなどでも同じことが言えます。

人と人とが繋がることで、ソーシャル・ネットワークが提供しているサービスから楽しさが得られます。

なぜ楽しさが得られるのかと言うと、コミュニケーションを重点的に考えて作られているサービスだからです。

このようにすることで、何百人も何千人も友達がいる人ってfacebook上には結構いると思います。

個人的にfacebookを楽しんでいる人は、それでも良いと思いますが、マーケティングを主体としてfacebookをする人は、友人を増やせば良いと言うものではないことになりますよね。

良い商品を色々な人に知ってもらうためにfacebookを使っていくと、良い口コミにはまると自然と色々な人に伝わっていって売り上げも伸びてくると思います。

どちらにしても「友達となった人」と「コミュニケーションを取っていかない人」と、facebook上では何も始まりません。

あと、ウォールに書き込んでみたりして人間関係を築いていきます。

そうしていくと良いですね。

関連ページ